英語、仏語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、韓国語その他
都内の訪問対応も可・はじめての方も安心の翻訳サービス

TEL.03-1234-5678 平日9:00〜18:00 土日10:00〜18:00
  • Our Services
  • Sample Documents
  • Order to delivery
  • Estimate
  • Payment
  • Interpretation
  • About Us
Sample Documents:翻訳サンプル
日本語→英語 翻訳サンプル

3段階の人口減地域で異なる問題

フォト

 課題先進国といわれる日本にとって、最も大きい課題の一つが人口減少問題だ。

 日本の人口は今後、三つの段階を経て減少していく。第1段階は25年ごろまでで、後期高齢者が爆発的に増加する(それ以上に若年層が減少するため、全体としては人口減)。それを過ぎると高齢者の人口増加は一服するが、若年層の減少はさらに進む。第3段階は50年以降。この頃を境に、後期高齢者の数も減り始める。若年層の減少と相まって、総人口は坂を転げるように減るというシナリオだ。

 また、人口の減少は複雑なプロセスをたどる。たとえば第1段階の後期高齢者激増は特に東京を中心とした首都圏でより顕著となる。ところが、東京中心部では介護資源が、東京周辺部では医療資源が決定的に足りない。このままの状態で20年代に突入すると、医療・介護難民が大量に発生するだけでなく、もう一つ厄介な問題を生むことになる。

出典:『週刊 東洋経済』 2014年2/22号 人口減のウソ・ホントより 
ネイティブチェック 上智大学文学部英文学科准教授 ジョンウィルソン

  •  One of the most serious issues is depopulation for Japan for Japan, a developed country which is said a front-line country about issues.  has new problems, is depopulation.

     Hereafter, In the future, Japan’s population will dwindle going through three steps. The first step is the period which will last until 2025 and old old during which the very old will old explosively increase. (Whole Total national population will decrease because the population of young people will dwindle.)  Since then, After that, the growth of elderly population will slow down, but the population of young people will decrease more than ever. The third step is the period after 2050. After that, when the population of old old very old will also start dwindling. Combining Combined with thedecrease of the young population, this is a scenario that the in which the gross national population will diminish rapidly,  as if rolling down slope.

       Furthermore, Japan’s depopulation will take involve complicated processes. For example, the explosion of old old population the very old in the first step will be more pronounced, especially in the Tokyo metropolitan area. Nonetheless, However, the core area of Tokyo lacks caring resources and the periphery area of Tokyo critically lacks medical resources. If getting into Japan reaches the 2020s without dealing with these problems, it would will bring forth not only a large number of medical and caring care refugees , but also another cumbersome problem.

  •  One of the most serious issues for Japan, a developed country which has new problems, is depopulation.

     In the future, Japan's population will dwindle, going through three steps. The first step is the period which will last until 2025, during which the very old will old explosively increase. (Total national population will decrease however, because the population of young people will dwindle.) After that, the growth of the elderly population will slow down, but the population of young people will decrease more than ever. The third step is the period after 2050, when the population of very old will also start dwindling. Combined with the decrease of the young population, this is a scenario in which the gross national population will diminish rapidly, as if rolling down slope.

     Furthermore, Japan's depopulation will involve complicated processes. For example, the explosion of the very old in the first step will be more pronounced, especially in the Tokyo metropolitan area. However, the core area of Tokyo lacks caring resources, and the periphery area of Tokyo critically lacks medical resources. If Japan reaches the 2020s without dealing with these problems, it will bring forth not only a loarge number of medical and care refugees, but also another cumbersome problem.

翻訳ポリシーについて

段階1: 翻訳者による翻訳段階

・文章単位で訳抜けがないか
・段落単位で訳抜けがないか
・単語の訳は適正か
・専門用語の使い方は適正か
・段落単位で原文と訳文の趣旨が変わっていないか

段階2: ネイティブチェック・プルーフリーディング

・お客様の使用目的に沿った内容となっているか
・文章全体で原文と訳文の趣旨が変わっていないか
・文章として一貫性を持っているか
・分かりやすい文法か
・単数/複数 主語/述語 副詞/前置詞などの使い方は適正か
・句読点の位置は適正か
・繰り返しの表現になっていないか
・スペルチェック/タイピングチェック
・簡素な表現となっているか

英語→日本語 翻訳サンプル

Personal data protection law

フォト

 There are statutes in existence which include the words “privacy law” or “personal data protection law” in their titles. These laws are literally statutes to protect privacy rights or personal information. It is said that the Personal Data Act of 1973 in Sweden was the first law in the world to protect privacy or personal data.

 Among international laws for privacy, the guidelines of the OECD and EU Directive are famed for their strong influence on privacy laws in all countries of the world. In fact, Japan’s Act on the Protection of Personal Information which will be discussed later has been affected by the OECD guidelines.

 In contrast, an all-round personal data protection law was finally established in Japan on May 23, 2003. Since 1988, there had been an insufficient personal data “protection” law for the public sector. This old personal data protection law for the public sector was only applicable to computerized data and it did not protect any personal data written in official documents. It also lacked penal provisions.

 The Act on the Protection of Personal Information of 2003 consists of two parts: a fundamental law part and a specific law part for the private sector. Separate personal data protection laws for the public sector and for semi-public/semi-governmental agencies were established at the same time.

 The Act on the Protection of Personal Information for the Public Sector is not only applicable to computerized data and documentary data but also provides for a criminal penalty of up to two years in jail or a fine of no more than one million yen for inappropriate disclosure of personal information or the provision of personal data files to unauthorized recipients.

出典:研究論文『Privacy and Data Protection in Municipalities』東京大学大学院 木村長人より

  • 個人情報保護法

     法律の中には、「プライバシー法」や「個人情報保護法」といった語をその名称に冠したもの法律すでに存在している。これらの法律は文字通り、プライバシー権や個人情報を守るための法である。1973年に成立したスウェーデンの個人情報保護法、プライバシー権や個人情報を守るための世界で最初の法律と言われている。

     プライバシー権を守るための世界の法をめぐっては、OECDガイドラインやEU指令が世界各国のプライバシー法同種の法に大きな影響を与えていることが知られている。そして実際、のちに議論する取り上げる日本の個人情報保護法はこのOECDガイドラインの影響を受けている。

     (スウェーデンとは)対照的に、日本では、全体的な個人情報を守る総合的な法律は2003年の5月23日にようやく成立した。日本には、個人情報を「守る」ための不十分な十分とは言えない公共機関に対する行政機関を対象とした法律が、1988年から存在していた。この公共機関行政機関に対する旧個人情報保護法は電算処理されたデータのみを対象とするもので、公的文書に記入された個人情報を守るものではなかった。また、く、そこには罰則規定なかった。

     2003年成立の個人情報保護法は二つの分部で構成され二部構成となっている。一つが基本法の部分であり、もう一つが民間部門を対象とした個別法一般法の部分である。また同時に、公共部門行政機関および半官半民部門独立行政法人に関するを対象とした個人情報保護法が、別に成立している。

     この公共部門行政機関個人情報保護法は、電算処理データと公的文書上のデータ情報保護の対象とするばかりではなく、個人情報を不適切開示したり、個人情報ファイルを許可を受けていない許可なく第三者へ提供することに対しした場合二年までの禁固刑二年以下の懲役または百万円以下の罰金を科すという罰則規定もそなえているのである

  • 個人情報保護法

     「プライバシー法」や「個人情報保護法」といった語をその名称に冠した法律はすでに存在している。これらの法律は文字通り、プライバシー権や個人情報を守るための法である。1973年に成立したスウェーデンの個人情報保護法が、プライバシー権や個人情報を守るための世界で最初の法律と言われている。

     プライバシー権を守るための世界の法をめぐっては、OECDガイドラインやEU指令が世界各国の同種の法に大きな影響を与えていることが知られている。そして実際、のちに取り上げる日本の個人情報保護法はこのOECDガイドラインの影響を受けている。

     (スウェーデンとは)対照的に、日本では、個人情報を守る総合的な法律は2003年の5月23日にようやく成立した。日本には、個人情報を「守る」ための十分とは言えない行政機関を対象とした法律が、1988年から存在はしていた。この行政機関に対する旧個人情報保護法は電算処理されたデータのみを対象とするもので、公的文書に記入された個人情報を守るものではなく、そこには罰則規定もなかった。

     2003年成立の個人情報保護法は二部構成となっている。一つが基本法の部分であり、もう一つが民間部門を対象とした一般法の部分である。また同時に、行政機関および独立行政法人を対象とした個人情報保護法が、別に成立している。

     この新行政機関個人情報保護法は、電算処理データと公的文書上の情報を保護の対象とするばかりではなく、個人情報を不適切に開示したり、個人情報ファイルを許可なく第三者へ提供した場合、二年以下の懲役または百万円以下の罰金を科すという罰則規定もそなえているのである。